iPhoneの種類や機能、進化

iPhoneの種類や機能、進化

iPhoneの進化

2007年に初めて発売された初代iPhoneはアメリカ限定発売であり日本では販売されませんでした。その後、2008年のiPhone3Gが日本で発売される最初のiPhoneとなります。初代との最も大きな違いはGPSチップが内蔵されたということです。これによって位置情報をメートル単位で取得できるようになりました。ここからアップルストアでも位置情報を利用したアプリがどんどんと登場するようになり、この便利さがiPhoneへの注目を高めます。

その翌年にはiPhone3GSが販売されます。ここでの機能の進化は充実しており、処理性能が高速化したこと、バッテリ寿命が延びたということがあります。さらにカメラでビデオを撮影できたり、デジタルコンパスが搭載されたりと今のiPhoneではもはや基本とも言える機能が増えたのもこの機種からなのです。

一気にiPhoneが大衆化したのはiPhone4の登場があります。2010年に販売されたiPhoneはこれまでのポリカーボネートで丸い背面のものから強化ガラスでフラットなものとなり、サイズも随分小さくなりました。スタイリッシュなデザインとディスプレイ解像度の高さであったこと、端末の代金がほとんど無料になるキャンペーンを打ち出したことから多くの人がスマートフォンでもiPhoneへの移行をしたタイミングでした。こうして一気にスマートフォンの所持率並びにiPhoneの所持率が高まるのです。